最終更新日:2019年05月05日

カードローン審査に通る方法を公開!銀行・消費者金融の審査基準を解説

カードローンを利用するには審査を通過して、申込を完了させなくてはいけません。そこで審査を通過するには複数のポイントが発生しています。その他にも審査を行っているスタッフに好印象を与えるのが重要です。
そこでカードローンの審査をどのようにすれば、審査を通過しやすくなるのか解説していきます。

審査に通りやすい人の4つの特徴!審査基準を理解しよう

審査を通過するため、以下のポイントが大切になってきます。

審査を通過するポイント

個人信用情報
他社借入状況
現在生活している住まいの種類と年数
職業と勤続年数
前年度の年収

これらのポイントを重点的にチェックしており、リスクの少ない人物に融資を行っているのがカードローンです。

信用情報

個人信用情報にキズがついていない人物は、リスクの少ない人物として証明できます。クレジットカードもしくはローンの返済を滞納してしまうと残念ながらキズが発生し、カードローンの審査に悪い影響を及ぼします。
特に長期滞納や債務整理を行った人は、深刻なキズが発生してしまい、余程のことが無い限り、審査を通過するのが難しいです。

他社の借り入れ状況

カードローンの審査では、他社借入状況を確認しており、多重債務に陥っていないかチェックしています。明確な基準はありませんが基本的に三社以上から融資を受けている人は、多重債務者として認識されやすいです。
あまりにも借入状況が酷い人は、遅延や滞納をする人物として判断されるので要注意です。

住居の種類や住宅ローンの有無、居住年数

賃貸もしくは持ち家で生活しているのか判断しており、持ち家の方が良い影響を与えやすいです。更に住宅ローンの有無や居住年数なども確認しており、カードローンの融資を行っても問題ない人物なのか判断しています。

職業と勤続年数

安定した収入を得られる職業に携わっているのか判断しています。会社員もしくは公務員は毎月安定した収入を獲得できるので、カードローンの審査に良い影響を与えやすいです。自営業は毎月の収入が安定しないので、敬遠されやすくなっています。その他にも命のリスクが発生する職業も遅延や滞納の可能性が他の職業よりも高まるので、厳しい結果になりやすいです。
また勤続年数も重要で勤続年数が長い程、今後も同じ仕事を続けていく可能性が高まるため、リスクの少ない人物として審査で判断されやすいです。

年収

前年度の収入をチェックしており、どのくらいのお金を稼いでいるのかカードローンの審査で確認しています。あまりにも年収が少ない人は、遅延や滞納を発生させる危険な人物として判断されてしまい、カードローンの審査を通過するのが難しくなります。

審査の担当者にアピールするポイント

審査の担当者も一人の人間なので、好印象を与えればカードローンの審査を通過できる可能性が生まれます。まず職業について、カードローンの審査担当者が理解していない恐れがあります。そこで丁寧に説明しておけば、安定した収入を獲得できる職業だと理解できるので、好印象を与えやすいです。

審査の申込をする前に準備する書類など

カードローンの申込をする前に色々と準備しておくことが重要です。特にスピーディーな融資を希望している人は、しっかりと準備すれば、スムーズに提出できます。もし準備が不十分だった場合、審査に悪影響を及ぼしてしまい、通過するのが難しくなる恐れがあるので注意です。

必要な書類の準備

カードローンの申込をする時、本人確認書類と収入証明書を準備することが求められてきます。特に本人確認書類はほとんどのカードローンで提出を求められるので、本人として分かる書類を事前に準備しておけば、安心して申込可能です。

本人確認書類

全部の本人確認書類を提出する必要はなく、どれか一つを提出することで本人として確認してもらえます。

・運転免許証
・パスポート
・健康保険証
・住民基本台帳カード

その他にも色んな書類が本人確認書類として提出できるので、どの本人確認書類を提出しても問題はないです。ただし運転免許証やパスポートは、氏名や住所だけではなく顔写真も掲載されているので、本人確認しやすいです。

収入証明書

カードローンの申込をした時、収入を確認するために収入証明書を提出しなくてはいけない場合があります。

収入証明書の一覧

源泉徴収票
給与明細書
確定申告書
収支内訳書
所得証明書

職業によって提出できる収入証明書が異なるので、準備できる収入証明書を提出することでどのくらいの収入があるのか判断してもらえます。ただしカードローンの申込で、必ずしも収入証明書提出を求められる訳ではありません。

希望するカードローンの申込条件をチェック

カードローンの申込条件がそれぞれ異なっているので、確認してから申込することが求められます。20歳以上で各々のカードローンが定めている上限年齢以下なのか確認したり、毎月安定した収入を獲得しているのかチェックすることが必要です。

必須入力項目に不適切な点をつくらない

悪い印象を極力回避するため、必要入力項目以外に不適切な部分をつくらないことが必要です。余計なことを記載してしまうと怪しい人物として、カードローンの審査に影響を及ぼしてしまい、せっかく審査を通過できる可能性を低くするので注意です。

確実に電話に出れる職場の電話番号を記入する

基本的にカードローンの審査では、本当にその職場で仕事をしているのか在籍確認をしています。その時に電話に出にくい電話番号を記入してしまうと在籍確認しにくいです。そこで確実に電話に出れる職場の電話番号を記入すれば、すぐに在籍確認を行えるのでスピーディーな手続きに繋がります。

在籍確認なしのカードローンは存在する?

在籍確認なしのカードローンは存在しており、今も多くの人が申込をしています。SMBCモビットがそれに当てはまり、在籍確認なしの審査を実施しています。どうしても在籍確認を避けたいと考えている人は、SMBCモビットを選べば安心して申込を行えます。

審査が通るかどうかの判断チェックシート

カードローンの審査を通過できるのか気になる人は、判断チェックシートを利用することで簡易的に判断可能です。

審査を通過の判断チェック項目一覧

毎月安定した貯蓄を行うことができている
他社借入状況が2社以下
勤続年数が一年以上
今年数回の返済滞納を繰り返していない
年収の三分の一以上の融資を受けていない
五年以内に債務整理を行っていない

多くのチェックが付いている人ほど審査を通過しやすいです。ただし確実に審査を通過できる訳ではないので、その点には注意しなくてはいけません。

各金融機関の申込条件をチェック

各金融機関によって申込条件が異なっているので、すぐに申込をしてはいけないです。不用意に申込をしてしまい、落ちてしまった場合は申込ブラックになる恐れがあります。半年ほど個人信用情報にキズがつくため、避けなくてはいけません。
確認方法として各金融機関のホームページにアクセスもしくは資料をチェックすれば、簡単に確認できます。

大手消費者金融のカードローン

大手消費者金融のカードローンは、即日融資や指定した口座にすぐ振込するなどサービスが充実しています。審査に関してもスピーディーに行ってくれることが多いので、素早く融資を受けたい人は、大手消費者金融のカードローンが向いています。

銀行カードローン(メガバンク)

銀行カードローンの魅力として金利が低く設定されている為、完済するまでに必要なお金を減らせます。かなり低く設定されている銀行カードローンもあるので、無事申込完了できれば、お得に融資を受けられます。
ただし大手消費者金融のカードローンと比較しても審査が厳しくなっているので注意です。

ネット銀行のカードローン

ネット銀行のカードローンは、基本的にネットから申込ができるのでわざわざ外出する必要がないです。また金利も低く定められているので、お得に融資を受けることが可能です。しかし申込してから完了するまでに時間がかかってしまうのでデメリットです。

おすすめカードローンランキング