最終更新日:2019年05月04日

【2019年】人気カードローン比較ランキング|カードローン比較タイムズ

カードローンでよくある疑問

カードローンは簡単にお金を借りることが出来るサービスのため、利用者も多く利用率の高い金融サービスです。そのため、初めてカードローンを利用する場合では、分からないことや疑問に思うことも出てきます。例えば「実質年率」と「年利」の違いや契約者が死亡した場合の返済の動向など、知っておいた方がいざという時には役立ちます。そこでまずは、カードローンでのよくある質問をいくつかピックアップしてみたので見ていきましょう。

カードローンの「実質年率」と「年利」の違いは?

「年利」というものは「金利」や「利率」などと同じものになりますが、「実質年率」というものとは異なった側面を持っています。「年利」や「利息」というものはいわばお金を借りている利用料金になり、カードローン会社の直接利益になるものです。一方、「実質年率」というものはカードローンという金融サービスを利用するための手数料を含めた「年利」になります。そのため、「実質年率」の方が「年利」よりもわずかに高い数字になるのが一般的です。

カードローンの借手が死亡した場合、誰が返済するの?

意外と多い質問では「カードローンの契約者が死亡したらどうなるの?」という質問があります。答えから言ってしまうと、カードローン契約者が死亡した場合では、家族などに返済する義務が発生してしまいます。家族の誰かが死亡した場合に遺産相続というものがありますが、相続するものは現金や土地などの資産の他にも「債権」も相続することになります。そのため、カードローンという債券を持った家族が死亡した場合には、その債権は家族が相続する形になり配偶者や親、子供、兄弟などに支払い義務が発生してしまいます。

住宅ローンを組んでいる人はカードローンを利用できないの?

住宅ローンを組んでいてもカードローンは利用することができます。ただ、住宅ローンを組んでいると月々の返済がカードローンの返済ではなく住宅ローンにまわってしまうことが、カードローン会社には懸念材料になります。そのため、住宅ローンを組んでいる人には限度額などが少なくなってしまう場合があります。また、カードローンを利用している人の場合でも、住宅ローンの審査にはやや悪影響になります。住宅ローンの審査も金融機関によって様々ですが、カードローンを利用していることはマイナスポイントになってしまうので、住宅ローンを組む場合ではカードローンの返済を澄ましておく方が良いでしょう。

カードローンの利息を安くするには?

「カードローンの利息は下げてもらえるの?」というような質問も多く、できれば毎月支払う利息は少なくしてもらいたいものです。基本的にはカードローンの利息は下げることは難しいものですが、返済の実績や限度額の増設などをすれば下げてもらえる可能性があります。また、どうしても返済が厳しいという人や、カードローン会社との直接交渉をして返済の見通しや意思が認められれば、カードローン会社によっては利息を下げてもらえる場合もあります。

クレジットカードのキャッシングと比較するとどちらがお得なの?

クレジットカードにキャッシング機能という付帯サービスが付いているものがほとんどで、お金を借りることができます。その場合ではカードローンと、どちらがおトクなの?という疑問も湧いてきます。一般的人はクレジットカードのキャッシングの金利相場は18%ほどになり、カードローンよりもやや高めの設定となっています。審査などはカードローンの方が厳しくなっていますが、大口の借り入れなどではカードローンの方がおトクになります。

カードローンのメリット

続いてカードローンのメリットなどを見ていきましょう。カードローンのメリットには「資金用途が自由」や「保証人や担保の必要がない」といったメリットがあります。また、コンビニなどのATMから24時間いつでも借りられるなどのメリットがあり、急に現金が必要になった時には大いに助かるサービスです。いざという時のためにも、個人事業主などはビジネスカードローンなどと言ったカードローンもオススメで、資金調達の手段にもなります。

資金使途やローンの目的が自由

カードローンを利用するには審査に通す必要があり、安定した収入があるのかどうかや信用情報などの履歴なども審査に関わってきます。また、使用目的も審査対象になり、ギャンブルや株の投資などの目的では審査を通すことは難しいものです。しかし、実際の使用目的は基本的には利用者の自由となっているのがカードローンの特徴で、銀行融資などの企業への融資とは違います。そのため、審査の場合では「生活費」という名目で利用するのが一般的に審査は通りやすくなり、その後の使用目的はギャンブルで使用したとしても発覚することはありません。

担保や保証人が不要

保証人や担保が不要ということもメリットになり、家族や友人などにもバレずに借入することができます。また、土地や資産などが担保になることもないので、不動産などを保有していなくても借入することもできます。そのため、一定の収入がある人であれば大概の人は審査が通るため利用者にとっては大きなメリットになります。ビジネスカードローンなども保証人や担保が原則不要のため、銀行融資とは違いつなぎ融資目的でも大いに活用できます。

コンビニATMやWeb申込、スマホ完結など便利

カードローンを利用する場合では銀行だけでなく、コンビニのATMからでも容易に借入することができます。そのため、24時間いつでもカードローンを利用することが出来て深夜に現金が必要な場合でも早急に準備することができます。また、スマホなどとも連動しているカードローンも多く、申し込みをスマホから簡単でも今では簡単に申し込むことができます。さらに、借入の履歴や管理などにもスマホのアプリなどで手軽に見ることができます。

カードローンのデメリット

一方、カードローンにはデメリットもあり、利用する場合には自己管理する必要があります。カードローンは手軽に借りることが出来てしまうので、自分の預貯金だと思って借入してしまうケースも多く、思わぬ金銭トラブルに陥ってしまいかねません。そのような事にならないためにも、ある程度カードローンのデメリットやリスクを知っておいた方がいいでしょう。主なデメリットには「金利の高さ」や「リボルビング方式」においてのデメリットが挙げられます。

住宅ローンや自動車ローンに比べて金利が高い

ローンの種類にもさまざまありますが、カードローンは他のローンと比べると金利が高い借入となります。他のローンでは住宅ローンや自動車ローン、教育ローン、事業ローンなどがあります。住宅ローンや自動車ローンの金利では1%~5%ほどになりますが、カードローンでは3%~18%とかなり高めの金利となっています。カードローンでの最高金利では20%までとなっているので、それ以上の金利は取れることはありませんが、返済計画などをしっかりと立てて利用しなければいけません。

リボルビング方式(リボ払い)は、完済までに時間がかかる

リボルビング方式とは「残高スライド方式」とも言われているもので、返済金額は毎月一定となりますが、完済までの時間が掛かることがデメリットになります。多くのカードローンではこのリボルビング方式を採用していて、カードローンの返済方式の特徴でもあります。一定の返済を続けるということはメリットにもなりますが、毎月同じ金額を返済することで借入している感覚がマヒしてしまうと言ったデメリットもあります。そのため、借入金額の総額なども気づいたときにはかなりの金額になっていた、などというケースもあります。

カードローンの種類と特徴を知ろう

カードローンとひと言でいってもさまざまな種類があります。「銀行カードローン」「消費者金融カードローン」「信販系カードローン」などのカードローンがあり、それぞれ特徴があります。また、それらのカードローンにはメリット・デメリットがあり、自分の経済レベルに合わせたカードローンを利用すると金銭トラブルにも発展しません。カードローンは手軽に借入することができますが、種類などもある程度知っておいた方がいいでしょう。

銀行カードローンは安心感が強み

カードローンの種類の中には、金融機関の代表でもある銀行がサービスを提供している「銀行カードローン」があります。銀行カードローンの特徴は消費者金融カードローンと比べると審査などが厳しく、即日の借入ができないことが特徴です。ただ、金利などはやや低めの設定で、他のカードローンよりも3%前後低くなっています。大手のメガバンクなどの銀行でもカードローンを提供しているため、そのようなメガバンクではさらに金利は低くなります。

消費者金融は即日審査や即日融資に対応

消費者金融カードローンでは「アコム」「プロミス」「アイフル」などのカードローンがあります。それらの消費金額のカードローンでは審査がとても早く、即日融資に対応している事が特徴です。また、上記の消費者金融カードローンの最高融資額は500万~800万となっているため、信販系カードローンよりも融資額は高くなっているので大口の借入にも向いています。しかし、銀行カードローンと比較してしまうと、金利はやや高めの設定となるのがデメリットになります。

信販系カードローンは独自のサービスがメリット

信販系カードローンとはクレジットカード会社のカードローンや、ローンを専門に扱う信販会社のカードローンのことです。これらの信販系カードローンの特徴は独自のサービスで差別化されているのが特徴で、金利などにも違いがあります。一律金利のセゾンカードや金利が10%以下の三井住友カードなどが主に挙げられます。ただ、消費者金融カードローンと同じくノンバンク系のカードローンになるため、金利は銀行カードローンよりも高めの設定となります。

ここをチェック!カードローンを選ぶ際の条件

カードローンのメリット・デメリットや種類をピックアップしてみましたが、カードローンを実際に利用する場合ではカードローン会社を選ぶことから始めます。その時にはいくつかポイントがあり、できるだけ金利が低いカードローン会社を選ぶことや融資限度額を見ておく必要があります。そこで、カードローン会社を選ぶ際の条件やポイントなどをいくつかピックアップしてみました。初めてカードローンを利用する人は特にチェックしておいた方が良いでしょう。

総量規制などの法律を守っている企業であることを確認する

当たり前のことですが、法令を遵守しているカードローン会社を選ばなければいけません。具体的には、利息制限法や出資法をきちんと守っているかどうかになります。今の貸出金利の上限では20%が上限となっているので、それを超える金利のカードローンを違法となります。昔の消費者金融などでは金利は29.2%と高くなっていましたが、今ではその金利は違法になります。そのため、カードローンを利用する場合はそれらの法令を遵守している会社を確認する必要があります。

なるべく金利が低く、利息が安くなるカードローンを選ぶ

お金を借りるときは金利が低い方が利用者にとっては負担が少なくなり大きなメリットになります。カードローンの場合でも同じことで、金利が低いカードローンを選ぶ方が月々の返済が楽になります。そのため、できるだけ金利が低いカードローン会社を選ぶ必要があります。前述したカードローンの種類では銀行カードローンが最も金利は低くなっているので、低金利のカードローンを利用するのならば銀行カードローンを利用する方が良いでしょう。

手数料無料のカードローンを選ぶ

冒頭の方で「実質年率」というものが出てきましたが、手数料などを含んだ金利の実質年率を確認することも重要です。借入や返済する時にはカードローン会社によっては手数料を設けている場合があるので、手数料の有無を確認しておく必要があります。カードローンそのものの金利は低くても手数料や経費などの、利用料金が負担になってしまうこともあるので注意が必要です。初めてカードローンを利用する人は特に手数料の有無を前もって確認した方が良いでしょう。

借入限度額が十分なカードローンを選ぶ

カードローンには借入限度額をいうものがあります。借入限度額の金額はそれぞれのカードローン会社によって異なり、消費者金融カードローンでは前述した500万円~800万円ほどとなっています。また、信販系カードローンの限度額は低い金額では100万円ほどしか借入することができない会社もあるので、利用目的によっては不足してしまう場合もあります。そのような事にならないためにも、希望の金額を借りることが出来るカードローン会社を選ぶことが大切です。

返済方法が便利なカードローンを選ぶ

カードローン会社を選ぶ時には利用や返済の利便性が高い会社を選ぶと、急に現金が必要になった場合でもうまく活用することができます。例えば24時間借入と返済ができるカードローン会社の場合では、深夜になって急に現金が入用になっても対応することができます。また、昼間は仕事で返済したくてもできない人にとっては、遅い時間帯でも返済できるカードローン会社を選ぶと計画的な返済をすることができます。できるだけ自分にとって利便性の高いカードローン会社を選ぶこともポイントです。

カードローンの金利の比較・計算・シミュレーションのコツ

カードローンの金利を比較するポイントでは様々な方法があり、会社ごとに提示している金利数字を比較することで簡単に比較することができます。しかし、各カードローンの金利の多くは○○%~○○%というような表示が多く、かなり幅広い金利を比較することになってしまいます。金利相場は借入金額が多い方が低くなり、借入金額が少ない方が金利は高くなってしまいます。そのため、一定の金額で金利を比較する方が分かりやすくて、実際の金利の相場をしることができます。

例)1ヶ月間、100万円を借りた場合の利息はどうなる?

例えば、100万円という金額を借入した場合の金利を比較してみると分かりやすくなります。設定する金額は100万円でなくても10万円などの金額でも、金利相場を比較することはできますが、端数などがでてしまうのでキリの100万円で比較することをオススメします。仮にA社というカードローン会社の金利が15%だったとすると、100万円を借入した場合では15万円が利息分となります。また、他のB社とうカードローン会社では金利が10%だった場合では、100万円を借入した場合には10万円が利息分になり、B社の方がとすぐに安いと分かります。一概に金利だけを見てもカードローンの良し悪しわ分からないものなので、ある程度のシミュレーションをしておくといいでしょう。

カードローンの審査で見られるポイントとは?

では実際にカードローンを利用する場合の審査では、どのようなところを見られるのでしょうか?カードローンは他のローンサービスよりも審査は甘いのが特徴ですが、必ずしも審査が通るものでもありません。審査基準に満たしていなければ当たり前ですが、カードローンを利用することが出来ません。カードローンを利用する前には自分が審査に通るのかどうかをある程度の自己審査をしておくと安心して実際の審査に臨むことができます。

審査の基準となる4つの条件

カードローンの審査でみられるポイントは大きく分けると4つのポイントがあり、以下の4つが挙げられます。・他のカードローンや消費者金融での借入の有無・一定の収入があるかどうか・必要書類に虚偽がないか・返済事故がないかひとつの「他のカードローンや消費者金融での借入の有無」のポイントでは、複数の借入がある人にはカードローン会社もあまり融資をしたいとは思いません。ふたつめの「一定の収入があるかどうか」では、収入がない人がカードローンの審査に通ることはまずありません。その他にも「必要書類に虚偽がないか」や「返済事故がないか」などがそれぞれポイントになり、申し込み時の審査に大きく関わります。他にも審査でのポイントがありますが、この4つのポイントはカードローンの審査には大きく関わってくるので自己審査をしておくと良いでしょう。

審査にかかる時間は最短で30分

今のカードローンの審査時間はとても短く最短では30分ほどで終わってしまいます。そのため、即日の借入をすることができます。ただ、既述しているように銀行カードローンに限っては審査はやや厳しくなっているので、スピーディーに審査を通すには消費者金融やカードローン専門の信販会社を利用する方がいいでしょう。今ではスマホやPCから事前に登録しておけばさらに審査までの手続きがスムーズにいくので、カードローンで即日の借入を希望するならば前もってスマホやPCから申し込んでおくことをオススメします。

カードローンの返済方法を知ろう

カードローンを利用すると月々の返済などが発生しますが、その時の返済方法なども知っておいた方がいいでしょう。返済方法の違いでは、返済のタイミングや返済額の違いがあります。また、返済方法の種類もいくつかあり今のカードローンでは大きく分けて4つの返済方法の種類に分けることができます。カードローンを利用する場合には、どのように返済していくのかを頭に入れたうえで借入すれば、計画的な借入をすることができます。

返済の計画の立て方によって返済額は変わる?

カードローンでは返済するタイミングと返済額の違いがあり、「随時返済」と「約定返済」という返済方法に分けられています。随時返済とはいつでも返済できる状態の返済方法で、早急に返済したい場合には随時返済による返済方法を選ぶ方がいいでしょう。約定返済とは毎月の決められた日に返済をすることをいい、返済する金額も借入金額によって決まっていきます。どちらの返済がいいのかは、個人の判断となりますが随時返済の方が金利を少なくすることができます。

4つの返済方法

返済の種類では大きく分けると4つあり以下のようなものになります。・インターネットでの返済・返済用の口座に入金しての返済・ATMから送金する返済・直接店頭での返済この中で一番簡単でスピーディーに返済する方法は「インターネットでの返済」になり、スマホからでも簡単に返済することができます。ただ、そのためにはまずはネットバンキングの口座を作る必要があります。ネットバンキングの口座は今では簡単に作ることが出来るので、カードローンの返済方法ではインターネットでの返済が簡単なのでオススメになります。